かみ六のご案内



水路が巡る旧初瀬街道沿いに

京都町家をイメージし中庭を中央に配した奥行きのある店

 

蕎麦・うどんは、手打にこだわり、こねから始まる

全行程は、手仕事で仕上げています。

 

食材も、国内産の蕎麦粉、小麦粉

また、上質のかつをだしを、使用しております。

 

水の美味しいここ名張の地酒も酒蔵を厳選し、

各種取り揃えております。

伊賀米コシヒカリの天むすは、特に好評です。

その他、伊賀肉、地元野菜等をぞんぶんに使っております。 

 

店主はじめスタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

 


店名【かみ六】の由来

先祖代々、旧初瀬街道沿いのこの場所で、両替商、油問屋などの商家を営んでいまして、その中から先々代の荒物屋「上六」の屋号をいただき、「かみ六」と改めの暖簾を掲げています。

店正面
店正面


店主プロフィール

店主: 山村順一

●略歴

  1957年(昭和32年)

名張市に生まれる

 

 1975年(昭和50年)

千葉県柏市(竹やぶ)にて蕎麦(阿部孝雄氏より師事 )

 

 1987年(昭和62年)

大阪市港区(三福)にて讃岐うどん(青木一男氏より師事 ) 

 

 1989年(平成元年)

名張市中町に手打蕎麦うどん専門店「かみ六」開店 

現在に至る
●好きな言葉

 日々是好日